「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ファイトカード

【エンディング】

@UEXILEのまさかの勝利で沸き返る新木場1stRING。マイクを持った坂田は、「出来の悪い弟を持つと、兄貴はもの凄いストレスに襲われるけどさ、ただ出来の悪い弟でも俺のかわいい弟たちに代わりはないんですよ。今日は初めて植田が人から求められている姿を眼の前で見ました」と@UEXILEを絶賛。

そして、「お足元が緩い中、たくさんのご来場、ありがとうございます! また次回大会のアナウンスは順を追ってやっていきますので、よろしくお願い致します」と挨拶した。そして、最後は坂田から指名を受けた本日の殊勲者@UEXILEが「応援してくださいまして、ありがとうございました!」と涙ながらに挨拶し、「3、2、1、ハッスル! ハッスル!」で締め括ったのだった。


■@UEXILEのコメント
「率直に『カンケーねえッス』とは言えないですね。嬉しいというか感謝の気持ちというか。試合後、坂田さんも言ってくださいましたけど、二人の弟分って。ボクも二人の兄貴に助けられて初勝利できて、しかもハッスル解散を切り抜けられたという事実が単純に嬉しいという。それだけですね。こんだけ血を流したのって、20数年生きてきて初めてなんですけど。これからも解散という一大危機は乗り切りましたけど、安心できないです。どのみちボクらが窮地に立たされているのは変わりはないことなので、いままで以上に3人で一致団結してハッスルしていきたいと思います」

メインハッスル〜ハッスルマンズ軍負けたら即解散SP!〜

坂田“ハッスル”亘
若鷹ジェット信介
@UEXILE

ハッスル軍
with
黒の中村カントク×

[15分23秒、飛びつきスイングDDT→片エビ固め]

待望の頼れるエース・坂田が復帰! ハッスルマンズ軍の解散をかけて、坂田&ジェット&@UEXILEがバッスル軍との最後の決戦に挑む。この大一番にハッスルマンズ軍のジェットと@UEXILEは旧ハッスルのオープニングテーマ曲を入場曲に使用し入場。そして、坂田もお馴染みのテーマ曲で入場! 遂にエースがハッスルマンズのリングに帰ってきた。一方、バッスル軍は黒の中村カントクがリングに上がると、野口レフェリーをリングから追い出す。予告どおりレフェリーをやるつもりだ。そして、エル・シークを筆頭に、ZERO1のリングで暴れ回っているマーク・フセイン、マッド・ストーン、KATOの4人の外国人がバッスル軍としてリングインした。

閉じるいきり立つ@UEXILEを抑えながらも、ハッスルマンズ軍がまずはゴング前に先制攻撃。リング上から外国人軍団を追い出し、坂田はレフェリーの中村カントクを睨みつける。しかし、ここでフセインとストーンがリングに生還。2人がかりで袋叩きにあった坂田だったが、すぐさま気合いの乗ったチョップで挽回する。そして、シークをリングに呼びこむと、張り手合戦を展開。シークのサミング攻撃、ジャンピングネックブリーカードロップを食らったものの、ドロップキックを炸裂させた坂田。しかし、中村カントクがジェットと@UEXILEを引き付けている間に、なんとシークの火炎攻撃を被弾! 顔面を焼かれた坂田は若手に連れられて控え室に戻ってしまった。

この暴挙に怒りのハッスルマンズ軍。ジェットが勢い良く、フセインにナックルを連発していくが、やはり2vs4にレフェリーが中村カントクでは多勢に無勢。あっという間にジェットは追い込まれていく。たまらず@UEXILEがジェットと交代しようとしたが、ジェットは譲らない。果敢にフセインに立ち向かっていくジェット。しかし、屈強な体格のフセインには通じず、逆にチョークスラムで大きなダメージを負わされてしまった。

「坂田もジェットも終わりだ! 次はおまえだ!」という中村カントクの呼びかけに応じ、リングに入った@UEXILE。しかし、リング下で客席で見守っていたお面を被っていたITOがリングイン。KATOとITOは双子のレスラーだ。これによりバッスル軍は5人に増殖。5人から代わる代わる@UEXILEはいたぶられてしまう。レフェリーが中村カントクでは2人がかりなど、当たり前。3人がかり、4人がかりでもいたぶられ、挙げ句の果てにはレフェリーの中村カントクからも暴行を加えられる@UEXILE。だが、額から流血しながらも、@UEXILEは屈しない。息を吹き返したジェットが@UEXILEを救出し、凄まじい勢いで反撃開始。ストーンを@UEXILEとのダブルブレーンバスターで叩きつけ、一気に盛り返す。

しかし、カウントを獲ろうとしても中村カントクがカウントを数えない。そうこうしている間に再び捕まったジェットは中村カントクの素晴らしいブリッジの利いたジャーマンスープレックスで叩きつけられてしまった。そして、@UEXILEを孤立させてフセインにトドメを刺させようとする。と、ここで顔面を包帯で覆った坂田がリングに復帰! @UEXILEの窮地を救うと、フセイン、ストーン、KATO&ITOを次々に蹴散らす。さらに坂田は残っていたシークを追い込み、カバーに入る。しかし、レフェリーの中村カントクはカウントを数えるふりをしながら、坂田に向かってキックを発射したのだ。ところが、この暴挙が試合の流れを変えた。坂田は巧みに中村カントクのキックを避け、シークに誤爆させたのだ。ここは怒りを抑えたシークだったが、またもや中村カントクのエルボードロップが誤爆。それでも怒りを抑えるシーク。そして坂田を羽交い締めにして、中村カントクにトラースキックを要求する。ところが、今度こそはと放った中村カントクのトラースキックは、坂田に避けられて、またもやシークの土手っ腹に炸裂! 遂にシークの堪忍袋の緒が切れた! 怒りのシークは中村カントクの顔面付近で火炎攻撃を炸裂させたのだ。

顔面を焼かれた中村カントクはそのままフセインとストーンに連れられて退場。その隙に坂田はスーパーキックでシークを一撃! シークもこの一撃で戦線離脱だ。残るはKATO&ITOだけ。ITOを捕まえたハッスルマンズ軍はジェットがダイビングボディプレス、そして坂田がスーパーキックを炸裂させる。そして、最後は@UEXILEがコーナーからの飛び付きスイング式DDT! すかさず出てきた野口レフェリーがカウントを数え、ハッスルマンズ軍が勝利を飾り、解散という危機を乗り切った。


セミハッスル〜ヒーローマンズワールド〜

“モンスターK'”佐藤耕平
KAMIKAZE

めんたい☆キッド
ハッスルマンズ仮面イエロー×

[22分57秒、ムーンサルトプレス→片エビ固め]

初登場となるハッスルマンズ仮面イエローはかつて旧ハッスルで人気を博したハッスル仮面イエローに酷似している。先発はもうハッスルマンズワールドではお馴染みとなっためんたい☆キッドだ。

閉じるKAMIKAZEと対峙しためんたいは「めんたい! めんたい!」と自らを鼓舞するように観客に声援を求めて、会場を盛り上げる。続くイエローが出てきた時も、「イエロー! イエロー!」とテンションが高い。そのイエローはメタボ気味な腹を抱えて、ドタバタとした動きで佐藤に立ち向かう。ショルダータックルは全く通じなかったが、ドロップキックを叩き込んで、なんとか耕平を倒すことに成功した。しかし、続くめんたいが体格差もあり耕平組に捕まる。果敢に力比べを挑んでも、耕平に片手でねじ伏せられるめんたい。KAMIKAZEにはグラウンドテクニックで捻られ、再び出てきた耕平からは強烈なサッカーボールキックを食らった。さらに耕平のジャイアントスイング、KAMIKAZEのきれいなフォームのブレーンバスターを食らっためんたい。

しかし、反撃の機会を狙っていためんたいは場外に出たところでロープを使ってKAMIKAZEに逆転。ハンドスプリング式エルボーアタックを炸裂させ、ようやくイエローと交代した。タッチを受けたイエローは勢い良く肉弾戦法でKAMIKAZEに立ち向かうが、KAMIKAZEのオーバーヘッドキックを食らって失速したものの、続く耕平にはキック攻撃で苦しめられる中、なんとかフライングボディアタックでめんたいに繋いだ。めんたいはスピード感溢れるドロップキックを耕平の胸板に叩き込むと、ブレーンバスター合戦にも打ち勝ってみせる。さらにフロム・コーナー・トゥー・コーナーも炸裂させた。

これで勢いづいためんたい組。イエローがKAMIKAZEを捕えるとめんたいは場外の耕平に向かってダイブ。さらにめんたいがイエローの体を飛び越えながらのドロップキックを炸裂させると、イエローがここぞとばかりにダイビングボディプレスだ。しかし、KAMIKAZEもこれをキックアウト。延髄斬りでイエローの勢いを止めると、耕平のダイビングニードロップ、そして自身のムーンサルトプレスを連続で叩き込む。丸め込みで粘るイエローだったが、KAMIKAZEの垂直落下式ブレーンバスターを食らいながらなんとか肩は上げたものの、もはや虫の息。最後はKAMIKAZEのムーンサルトプレスで3カウントを聞いたのだった。


第3ハッスル〜スペースマンズワールド〜

木村浩一郎

矢野啓太×

[10分16秒、回転エビ固め]

ハッスルマンズワールドで圧倒的な実力を誇る木村浩一郎と、奇抜な外見ながらも卓越したレスリングテクニックを持つ矢野啓太による異色対決。

閉じる異色のシングルマッチは静かなグラウンドの攻防からスタート。寝技ではやはり木村に一日の長がある。巧みに矢野の体をコントロールし、ボーアンドアローで背中を傷めつけた。一度場外に逃れ、気を取り直した矢野。果敢にタックルで木村に組み付き、今度は股裂きを狙う。しかし、これを腕十字で切り返した木村。さらに木村の強烈なサッカーボールキックが矢野を襲う。

だが、矢野も負けじとジャンピングエルボーで反撃。四つん這いになって木村を転ばせると、エルボードロップで顔面に一撃。さらにサミング攻撃で木村の顔面にダメージを与えていく。しかし、トドメを狙ったランニングラリアットを木村にワキ固めで切り返されて再び劣勢に。なんとか逃げ切ったものの、アームブリーカーなどで左腕に集中砲火を浴びる。滞空時間の長いブレーンバスターで叩きつけられ、パワーボムの体勢に捕らえられるともはやこれまでかと思われた。しかし、矢野はパワーボムを回転エビ固めで切り返すと、すぐさまゆりかもめに移行。逆転を狙って、ギブアップを迫る。

しかし、木村はこれぐらいでは動じない。矢野のゆりかもめから脱出すると、ラリアットで矢野の勢いを失速させる。さらに串刺しラリアットを矢野に叩き込んだ木村は、今度こそはとパワーボムへ。矢野も体重移動を利用し、切り返しを図るが、木村も冷静だ。再度回転エビ固めに切り返し、矢野から3カウントを奪ったのだった。


第2ハッスル〜カオスマンズワールド〜

澤宗紀
柿沼謙太
紫雷美央
×ザ・モンスター℃

アジャコング
ニセHG
藤田ミノル
ゼブラーマン

[17分13秒、裏拳→片エビ固め]

ゴング前、マイクを握ったアジャは、「おい、みんなこれっておかしいと思わないか? このバランスのおかしさ。普通、女子が入ったミックスドマッチですから、女子は分かれるでしょう?」とチーム編成に疑問を訴える。確かにアジャ組にはアジャと美央と、2人の女子が入っている。観客からは「え〜?」という声が上がるも、アジャは「おまえらそうまでして勝ちたいのか? キンタマついてんのか?」と挑発。これにより澤組はゼブラーマンをアジャ組に放出し、代わりに美央を自軍に引き入れた。チーム編成が変わったところで、いよいよゴング!

閉じるまずは懐かしの℃とニセHGのかけ声合戦でスタート。しかし、澤がアジャのおっぱいにセクハラ攻撃したところから試合は激しく動き出す。動揺するアジャを捕まえて、トレイン攻撃を見舞った澤組。しかし、アジャはすぐさま気を取り直してダブルラリアットで澤と柿沼を蹴散らす。そして、両軍入り乱れての場外乱闘だ。藤田が観客の傘で℃を攻撃すれば、澤は北側の舞台から助走をつけてのシャイニングウィザードで客席で自爆するなど、メチャクチャな展開となった。

そんな中、リング上では因縁のアジャと澤が対峙。アジャはまさかのキス攻撃で澤を悶絶させれば、美央もパワーで圧倒していく。これで捕まった美央。ニセHGにはコーナーで張り付けにされ、大股開きにされるという恥辱プレーも味わった。さらに回転エビ固めで逆転を狙った美央だが、ニセHGの股間がモロに顔面に落下。ゼブラーマンからはゼブラスクリューパンチ、藤田からは連続バックブリーカーから添い寝式フォールというセクハラ攻撃も受けた。だが、持ち前のスピードで挽回すると、ハイキックで藤田をダウンさせ、ローンバトルからようやく脱出。澤にタッチをした。しかし、巻き返しを図りたい澤だったが、シャイニングウィザードにいったところを藤田のラリアットで迎撃され失速。ニセHGの股間こすりつけ攻撃、ゼブラーマンの痛みがあとから来るチョップを受けてまたもや劣勢に陥ってしまった。

だが、この劣勢を挽回したのは柿沼。見事なスープレックスでニセHGを投げ飛ばし、チームに勢いをつける。さらに℃がローキック連打でニセHGを追い込みにかかる。だが、巧みなアジャ組のコンビネーションに捕獲され、トレイン攻撃で一気に劣勢に。最後は℃がアジャの垂直落下式ブレーンバスター、裏拳を連続で食らい、3カウントを喫したのだった。試合後、澤はビニール傘でアジャの尻にカンチョー攻撃の暴挙! 最後まで両者は乱闘を繰り広げていたのだった。


第1ハッスル

当日発表

[没収試合] ※黒の中村カントク率いるバッスル軍が試合放棄をしたため

当日発表となっていた第1ハッスルのカード。誰が現れるかと思いきや、姿を見せたのはZERO1に参戦中のNWA世界ヘビー級チャンピオンのエル・シークと黒の中村カントクだ。中村カントクは、「雨の中、最終回にご来場ありがとうございます」とマイクで挨拶を始めると、「本来なら、第1試合で外国人の試合をという要求がハッスルマンズからありましたが、最終回につき、我々バッスル軍は第1試合を放棄します!」と衝撃発言。「今日は最終回ということで、この中から2名、ザ・シークと写真を撮らせる」と勝手にファンとの撮影会を始めたのだ

閉じるこれに怒ったのが@UEXILE! リングに上がり、シークに向かって、「ハッスルマンズワールドは終わらねえって言ってんだろ! おい、シーク! メインイベント、覚悟しとけよ!」と吠え立てたが、背後からの中村カントクの一撃で悶絶! 「小僧、メインイベントはこんなもんじゃ済まねえぞ!」と中村カントクの捨て台詞をマットに這いつくばって聞くという屈辱を味わった。しかし、中村カントクたちが引き上げると@UEXILEは立ち上がり、「ハッスルマンズワールドは終わりません! 応援よろしくお願いします!」と、メインに向けて闘志を燃やしていた。