「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスルNOW

これさえ読めばハッスルの歴史が丸分かり。ハッスル軍と高田モンスター軍の壮絶なる抗争の足跡です。ハッスルを初めて見るハッスル・ビギナーの方も、『ハッスル1』から見続けているハッスル・マニアの方も、コレを読んで真の“ハッスル通”になろう!

2009年


坂田亘、再起戦で因縁の相手・川田利明にリベンジ!

ナットーマンから元の姿に戻り、地元・名古屋で再起を図る坂田亘が、『ハッスル・ツアー2009〜4.29 in NAGOYA〜』(名古屋国際会議場 イベントホール)にて、高田モンスター軍の“モンスターK”川田利明と激突! 昨年10月の『ハッスルGP2008』決勝戦以来となる再戦は、決勝で敗れた坂田が、地元の大声援を背に猛ハッスル! またしても激闘となった二人の闘いは、試合途中にはナットーマンからの叱咤激励もあり、最後は坂田が必殺・スーパーキックを川田に炸裂させて、見事リベンジをはたしたのだった。

\(^o^)/チエ、“第2の故郷”名古屋で引退試合!

『ハッスル・ツアー2009〜3.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)において、ファンの誰もがビビって、たじろぐほどの衝撃を与えた\(^o^)/チエ突然の引退発表&結婚宣言。そして、『ハッスル・ツアー2009〜4.29 in NAGOYA〜』(名古屋国際会議場 イベントホール)で、\(^o^)/チエは約2年半のハッスラー人生に終止符を打った。引退試合の対戦相手となったのは、プロレスのイロハを叩き込んでくれた師匠TAJIRI。引退試合で師匠超えをはたし、恩を返したかったチエだが、さすがにTAJIRIの壁は高く、引退試合を白星で飾ることはできなかった……。ところが、引退セレモニーに入る直前で、有終の美を飾らせまいとアン・ジョー司令長官ら高田モンスター軍がチエを急襲! これにより、セコンドにいたKGがTAJIRI&チエに加わり、モンスター軍との6人タッグマッチが急遽行なわれることに。まさかのサプライズハッスルにファンもどよめく中、最後はチエが\(^o^)/プレスで青鬼蜘蛛を沈め、見事に有終の美を飾ったのだった。
試合後に行なわれた引退セレモニーでは、チエのお父様である石井勝利さん、さらに北京五輪女子レスリング金メダリストの吉田沙保里選手が花束を持って登場! 最後にチエは、「みなさん、今日はご来場いただきありがとうございます! TAJIRIさん、KG、そしてハッスル軍のみなさん、モンスター軍のみなさん、スタッフのみなさん、ありがとうございました! チエはハッスルに入って2年半、“プロレスラーになる”という夢を叶えることができました。夢を叶えることができて、本当に幸せです。今日はたくさんのお子さんたちが来てくれていますが、みんなもしっかりと自分の夢を持って、夢を叶えられるように夢追い人になってください。本当に2年半、応援していただき、これからもハッスルを受け入れていただきたいです。チエも次の夢に向かって、ハッスルして幸せになります! 本当にありがとうございました!!」とラストメッセージを残すと、場内からは大きな拍手と赤い紙テープが飛び交ったのだった。

名古屋の生ける伝説“セーラー服おじさん”がオープニングジャック!

『ハッスル・ツアー2009〜4.29 in NAGOYA〜』(名古屋国際会議場)のオープニングに、深夜のバラエティ番組出演で話題にもなった名古屋の生ける都市伝説“セーラー服おじさん”こと安穂野香(あん・ほのか)が登場! 安は十八番の『ナイスピース』を熱唱するも、そのあまりにも独特な世界観に、後から登場した坂田亘も終始たじろぎっぱなしだった。

ナットーマン、ファイナルマッチでまさかの敗戦!

人気絶頂の最中、『ハッスル・ツアー2009〜4.23 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で、ついにファイナルマッチとなったナットーマン。相棒のきっこーまんとタッグを結成し、高田モンスター軍の“モンスターK”川田利明、この日がデビュー戦となるパンチ・ド・Cと激突したナットーマンは、最後の闘いでも相変わらずひとり遅れて登場だ! きっこーまんの醤油ミストのアシストを受け、川田をナットー巻きで丸め込んだナットーマンだったが、さすがに同じ手を何度も食うわけにはいかないモンスター軍は、パンチがカットに入ってこれを阻止。最後は、パンチがナットーマンを必殺・2代目DDCで沈めて、デビュー戦を見事勝利! 一方、ナットーマンは有終の美を飾ることができなかったのだった。

ボノくん、“パンティ恐怖症”でハッスル離脱か!?

『ハッスル・ツアー2009〜4.23 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で、高田モンスター軍のカウボーイ・ランス・ケイド&レネ・ボナパルトの“テキサス・ナポレオンズ”と対戦したボノくん(パートナーは、越中詩郎)が、またしてもモンスター軍の海外エージェント、フランソワーズのセクシー攻撃の餌食に。パンティを頭に被せられて戦意喪失となってしまったボノくんは、パートナーの越中に「おい、ボノ! お前、何やってんだ!」と怒られると、ボノくんは「もうヤダッ! パンティ怖い! ハッスル辞める!!」と恐怖におびえながら、なんと逃走してしまったのだった。

マグナムTOKYO、約2年9ヶ月ぶりの完全復活!

アラン黒木の衝撃発言から約1ヶ月。ついにその日を迎えた……マグナムTOKYO復活! 『ハッスル・ツアー2009〜4.23 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)からスタートするモンスターHGとの3番勝負で、ついに復活をはたしたマグナムTOKYO。もちろん入場時には、マグナムTOKYOには無くてはならない“マグナムダンス”を披露し、会場内がその妙艶に酔いしれ、熱狂した。試合は、実力で勝るマグナムが、わずか3分弱でモンスターHGに圧勝! 復帰戦を見事白星で飾ったのだった。

RG、あーちゃんとの“ハッスル最弱王決定戦”を制す!

『ハッスル・ツアー2009〜4.23 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で、ハッスル軍のRGが、高田モンスター軍の“派遣モンスター”あーちゃんと激突! 試合前から“ハッスル最弱王決定戦”と言われていたこの試合は、体格差を活かしてあーちゃんがRGを攻め込むも、試合終盤で決めに行ったムーンサルト・プレスは寸前でのところでRGにかわされる。ここからRGが驚異的な粘りを発揮し、最後はウラカン・ラナであーちゃんを丸め込み、見事3カウントを奪取! RGに敗れ、“ハッスル最弱王”という不名誉な肩書きを背負ってしまったあーちゃんは、ついに“派遣モンスター”の職もクビとなってしまったのだった。

ハッスル本大会、ついに通算100回達成!

2004年1月4日の『ハッスル1』(さいたまスーパーアリーナ)から5年。ハッスル本大会が『ハッスル・ツアー2009〜4.23 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で、ついに通算100回目の開催となった。

TAJIRI&KGが横浜市長を表敬訪問!

4月14日、横浜市役所にて、横浜開港150周年記念大会として開催される『ハッスル・ツアー2009〜5.4 in YOKOHAMA〜』(横浜文化体育館)のPRのため、ハッスル軍のTAJIRI、KGが中田宏横浜市長を表敬訪問。ハッスルと横浜市がタイアップして、横浜開港150周年を盛り上げていくことを誓い合った。

アラン黒木、“もうひとつの顔”マグナムTOKYOの復活を宣言!

なかなか進まない“HG奪還”という難題に本腰を入れるため、3月に入りハッスル軍に正式入団したアラン黒木が、『ハッスル・ツアー2009〜3.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)の高田総統劇場終了後、なんと“もうひとつの顔”であるマグナムTOKYOを復活させることを発表した! マグナム復活について、「俺が、なんで今まで探偵のフリをしていたか、わかるか? それはな、ビジネス抜きで、命賭けで闘えるリングを探していたからだ。そして、とうとう、このハッスルっていうリングに辿り着いたんだよ。今日で、アラン黒木の仕事はもう終わりだ。次からは、九龍の鬼の別の顔、マグナムTOKYOとして、闘ってゆくぜ!」とファンに説明した黒木。この誰もが予期せぬ、突然の復活宣言に、場内は一瞬にして大熱狂となったのだった。

高田総統、7・26『ハッスル・エイド2009』開催を発表!

『ハッスル・ツアー2009〜3.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)の高田総統劇場で、高田総統が、ハッスル上半期最大のイベント『ハッスル・エイド2009』(2009.7.26/両国国技館)の開催を発表した。両国国技館でのハッスル開催は、『ハッスル8』(2005.3.18/両国国技館)以来、実に4年ぶりとなる。

ナットーマン、大ブレイク寸前でまさかのラスト宣言!

『ハッスル・ツアー2009〜3.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)のメインハッスルで、試合後も高田モンスター軍の面々によって痛めつけられていたアラン黒木&RGの救出に現われたナットーマン。ここ最近では、“大豆(大事)な場面”で大活躍し、人気も急上昇、大ブレイク寸前のところまできていたのだが……。その後の高田総統劇場で、ナットーマンはマスクを脱ぎ捨てると、その正体はやはり坂田亘! すると、マスクを脱いだ坂田は、「俺は、今日限りでナットーマンを辞めて、戻るぞ!」と、なんと復活宣言をぶちかましたのだ! 大ブレイク寸前でのラスト宣言に、ファン、さらには敵であるはずの高田総統にまで、「せっかく苦労してやってきたのに、今日で辞めちゃうって、空気読んでないんだよ、お前!」と言われてしまった坂田だが、「俺は、負けた自分と向き合うのが怖くて、現実逃避をしていた。それが、ナットーマンの真実だ! だから、俺はもう一度やり直す! 川田、俺ともう一丁、勝負しろ!!」と、これまた突然すぎる“モンスターK”川田利明への再戦要求を炸裂させたのだった。

あーちゃん、“派遣モンスター”の意地で師匠超え!

『ハッスル・ツアー2009〜3.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)のセミハッスルで、高田モンスター軍の“派遣モンスター”あーちゃんと、ハッスル軍キャプテンのボノくんが一騎討ちで激突! かつては“ボノちゃん部屋”において師弟関係にあったこの二人。ところが、連絡の行き違いから、弟子あーちゃんはモンスター軍へ、そしてボノくんはハッスル軍へと袂を分かつこととなったのだ。そして、試合は、ボノくんが実力差を見せつけるかのごとく怒濤の攻めで短期決着を狙うも、高田総統の派遣切りに怯えるあーちゃんが、ここで“派遣モンスター”の意地を爆発させる! あーちゃんは、“秘密兵器”として用意していたフランソワーズを試合に介入させると、フランソワーズのお色気攻撃で試合どころではなくなったボノくんめがけて、背後から松葉杖で一撃! さらに、フランソワーズが、今度は履いていたパンティを脱ぎ、ボノくんの頭にスッポリと被せてしまうと、ボノくんは大人のフェロモンで卒倒。ここがチャンスと見たあーちゃんは、すぐさまムーンサルトプレスをボノくんに投下し、見事フォール勝ち&師匠超えをはたしたのだった。

志賀賢太郎、2代目モンスター℃オーディションに見事合格!

『ハッスル・ツアー2009〜3.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)にて、ザ・モンスター℃の長期戦線離脱によってできた穴を埋めるべく、『2代目モンスター℃オーディション』が開催された。オーディションには、お笑い芸人・猫ひろしや、モンスター℃好きの子供、ぽっちゃりバレリーナ、携帯小説家など個性溢れる参加者が勢ぞろい。その中でも観客の目を引いたのは、プロレスリング・ノア所属ながら、「ハッスルにはパンチが足りない!」と、対極と言われるハッスルのリングに乗り込んできた志賀賢太郎だ! 5名の出場者がそれぞれ自己PRをしたところで、高田モンスター軍の特命係長 島田工作員が「こんな奴、ノアにいたか? もしかして、不況で食えなくなった、とび職じゃないですか!」と志賀にいちゃもんを付けたことから、急遽、バトルロイヤルが行なわれた。
しかし、プロレスとなれば志賀の独壇場。時間もかからずにバトルロイヤルを制し、2代目モンスター℃に見事選ばれたのだった。

\(^o^)/チエ、寿引退を電撃表明!

『ハッスル・ツアー2009〜2.22 in CHIBA〜』(幕張メッセ国際展示場)に続き、『ハッスル・ツアー2009〜3.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で、\(^o^)/チエが、ふたたび後輩KGと一騎討ちで激突した。この日も、KGに厳しい攻撃を仕掛けるチエ。しかし、KGもやられてばかりではいられない。一瞬のスキを突いてフランケンシュタイナーでチエをふっ飛ばしたKGは、間髪入れずに変形フェイスバスターを炸裂! そして、最後は最後は一回転してからの上段回し蹴り・サイクロンKGをチエの頭部に炸裂させ、見事3カウントを奪取! KGはついに“チエ超え”をはたしたのだ。
試合後、チエは「KG! 今までつらく当たって、ホントごめんね。今のKGなら、もう大丈夫だよ!」とKGに謝ると、実は、チエ、ハッスル辞めるんだ!」と爆弾発言! さらに、チエは「ハッスルのリングで女の子が闘うってことは、セクハラとか、理不尽なことに耐えなきゃいけないし、いろいろ大変なんだよ。だから、辞める前に、その覚悟をKGに伝えたかったの」と、これまで厳しく当たってきた理由をKGに説明すると、KG は「なんで、そんな大事なことを黙ってたんですか? 私、まだまだチエさんから教えてもらうこと、いっぱいあります!」と、涙ながらにチエを引き止めようとするも、チエは、「実は、チエね……ごくごく近い将来、結婚するんだ!」と、さらに衝撃報告を炸裂だ! すかさずKGは、「結婚!? チエさん、彼氏いたんですか? 誰でですか?」と問い詰めるも、チエは「彼氏いるよ。でも、それをここで聞かないでよ」と言って、結婚相手の正体は明かさず。そして、最後にチエは、観客に向かって「みなさん、\(^o^)/チエは、4月29日の名古屋大会でハッスルを引退することになりました! あと1ヶ月、精一杯ハッスルしますので、応援よろしくお願いいたします!!」とアピールしたのだった。

ボノくん、美人交渉人フランソワーズの“お色気攻撃”にまさかのKO!

『ハッスル・ツアー2009〜2.22 in CHIBA〜』(幕張メッセ国際展示場)で、高田モンスター軍の新戦力、カウボーイ・ランス・ケイドと一騎討ちを行なったボノくん。元WWE世界タッグ王者の実力を誇るランスを相手に、ボノくんは真っ向からパワー勝負で互角の闘いを繰り広げる。ところが、戦況が不利と見たのか、モンスター軍海外エージェントのフランソワーズがエプロンに上がると、突然、着ていたワイシャツを脱ぎ、ブラジャー姿でボノくんを誘惑! 子供のために刺激が強すぎたのか、フランソワーズのお色気攻撃をまともに受けたボノくんは、呆然と立ち尽くすばかりだ。すると、このスキを突いて、ランスがボノくんにラリアットを炸裂させると、トップロープからダイビングエルボードロップを投下! これがグサリと決まって、ランスがボノくんから3カウントを奪取。ボノくんは勝利目前で、まさかの不覚をとってしまったのだった。

KUSHIDA、REY大原との再戦に敗れてハッスル追放!

『ハッスル・ツアー2009〜1.29 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で行なわれたNWAインターナショナルジュニアヘビー級選手権がノーコンテストに終わったことを受け、『ハッスル・ツアー2009〜3.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)にて、王者・REY大原と挑戦者・KUSHIDAが再戦を行なった。この試合でKUSHIDAが負ければハッスル追放となる中、KUSHIDAは、先制攻撃で試合を有利に進めるも、大原も王者の維持で負けじと応戦。そして、試合終盤、大技連発で大原をあと一歩まで追いつめるKUSHIDAだが、3カウントが遠い。すると、大原が一瞬のスキを突いて、腕と足を固めての丸め込み技・デビルレイを炸裂! これがガッチリと決まり、無情にも3カウントが入ってしまい、KUSHIDAの敗北&ハッスル追放が決定したのだった。

ザ・モンスター℃、“C”のやりすぎで長期戦線離脱!

2008年に見事大ブレイクし、ハッスルで1、2を争う人気モンスターにまで登り詰めた高田モンスター軍のザ・モンスター℃。ところが、大ブレイクのきっかけとなった“シー!”というCポーズのやり過ぎから、モンスター℃は右肩を負傷。手術のために長期戦線離脱することとなった。『ハッスル・ツアー2009〜3.25 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)では、三角巾で右腕を吊るしたモンスター℃が、ファンに手紙で欠場することを報告。最後に、手術の成功と復活を願い、ファンと一緒に“シー!”三唱を行なったのだった。

ナットーマンのピンチに、“相棒”きっこーまんが登場!

『ハッスル・ツアー2009〜1.29 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で、高田モンスター軍のアン・ジョー司令長官&小路二等兵から抹殺予告を受けていたナットーマンが、『ハッスル・ツアー2009〜2.22 in CHIBA〜』(幕張メッセ国際展示場)にて、アン&小路と1vs2のハンデキャップマッチで激突! 先に入場してきたアン&小路の挑発を受け、なぜか自転車に乗って現われたナットーマンだったが、やはり実力者二人を相手にするのは無理があったか、序盤から一方的に痛めつけられる展開に。すると、大ピンチとなったナットーマンのもとに現われたのは、風貌はTAJIRIそっくりの“きっこーまん”なる謎の男だ! ナットーマンの助っ人にやってきたきっこーまんは、「腐れ縁とは醤油ーことさ」と、ナットーマンと息の合った連携プレーを披露! そして最後は、きっこーまんが醤油らしき黒いミストを顔面に噴射すると、視界を封じられた小路は四つんばいで倒れていたナットーマンの背中につまづいて転倒! そのままナットーマンが裏返って、タナボタ式の3カウントを奪取し、新たなるヒーローコンビがハッスルに誕生したのだった。

\(^o^)/チエ、後輩KGに厳しすぎる愛のムチ炸裂!

『ハッスル・ツアー2009〜2.22 in CHIBA〜』(幕張メッセ国際展示場)にて、ハッスル軍の\(^o^)/チエとKGの同門対決が実現! 『ハッスル・ツアー2009〜1.29 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で、KGの誤爆によって関係に亀裂が生じた二人だが、この日も先輩チエが、後輩KGに対してあまりにも厳しすぎる攻撃で痛めつける。これに対し、なんとか反撃を試みるKGだが、怒りのチエの猛攻は止められず、逆エビ固めがガッチリ極まって、ついにKGがギブアップ負けとなった。試合後、チエはKGに、「おい、KG! てめえ、センスねえよ! さっさと辞めろ!!」とバッサリ! この厳しい言葉に号泣するKGだが、チエは「お前、泣いてんじゃねえよ! しょうがねえから、もう一回、チエがお前にハッスルの厳しさを叩き込んでやる! このブサイク!!」と罵声を浴びせ、去って行ったのだった。

インドの狂虎と凶暴ハードゲイが初合体!

『ハッスル・ツアー2009〜2.19 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で、高田モンスター軍の“インドの狂虎”タイガー・ジェット・シンと、モンスターHGがタッグを初結成! ハッスル軍のアラン黒木&RGと激突した。試合は、やはりRGが標的となり、あっという間にシンがRGを血祭りに上げる。しかし、暴れ足りないシン&モンスターHGは、マフラー攻撃でRGを逆さ吊りにすると、野口大輔レフェリーがゴングを要求。シン&モンスターHGは、反則負けとなったものの、RGを恐怖のどん底に叩き落とすことに成功したのだった。

REY大原vsKUSHIDAのNWAインターJr戦はノーコンテスト!

『ハッスル・ツアー2009〜2.19 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で、高田モンスター軍のREY大原が保持するNWAインターナショナルジュニアヘビー級王座の防衛戦が行なわれ、ハッスル軍のKUSHIDAが挑戦した。試合は、大原が負ければベルトを失い、逆にKUSHIDAが負ければ髪を失うという“カベジュラ・コントラ・カンペオナート”の形式で行なわれ、トップロープからダイブしたKUSHIDAの顔面を持ち出してきたベルトで迎撃した大原が、そのまま3カウントを奪取! さっそく、大原&モンスター軍はKUSHIDAの髪切りを敢行するも、KUSHIDAは大原の反則に対してレフェリーに猛抗議し、レフェリーがこれを認めたため、再試合が行なわれることに。しかし、この再試合も、両軍のセコンド陣がリング上で大乱闘となったため、ノーコンテストという結果に終わったのだった。

高田総統に重病説!? なんと総統劇場中に突然倒れる!

『ハッスル・ツアー2009〜1.29 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)の高田総統劇場にて、最後の締めに入った高田総統が突然ダウン! まったく予期せぬ緊急事態に場内が大騒ぎとなるなか、高田総統は、モンスター軍のメンバーに肩を支えられながら、バルコニーから退場して行ったのだった。

ナットーマン、5vs5全面対抗戦でハッスル軍の勝利をアシスト!

『ハッスル・ツアー2009〜1.29 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で行なわれた高田モンスター軍とハッスル軍による5vs5全面対抗戦。ルールは、どちらかのチームが全滅するまで行なわれるイリミネーション形式が採用され、年頭から両軍が激しい闘いを繰り広げた。試合前、ハッスル軍は出場メンバー5人のうち未定となっていたXが、決定していなかったことが発覚。一方、モンスター軍のXは、新戦力と噂されるザ・ゴールデン・カップス4号が出場した。4人での闘いを強いられることとなったハッスル軍だが、さらにゴールデン・カップス4号の正体がボノくんの弟子で同じくハッスル軍入りするはずだったあーちゃんであることが判明。キャプテンのボノくん&ハッスル軍に動揺が広がる。そんななか、ハッスル軍の5人目として突如現われたはナットーマンだ! いつも“大豆(大事)な場面”で失敗ばかりのナットーマンだが、この日は珍しく大活躍! 3人連続撃破を成し遂げるなど、ハッスル軍の勝利に大いに貢献したのだった。

モンスターHGが、かつての相方・RGを血祭り葬!

『ハッスル・ツアー2009〜1.29 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)のセミハッスルにて、『ハッスル・マニア2008』(2008.12.30/有明コロシアム)でモンスター化してしまったモンスターHGが、かつての相方であるRGとタッグマッチで激突! モンスターとなり凶暴化したモンスターHGは、いきなりRGを場外戦に誘い出すと、凶器攻撃でRGを血祭りにあげる。さらに、モンスターHGは、RGの頭を便器に突っ込んだり、流血した額にレモン味のアイスを押し付けたりなどハードコアスタイルでやりたい放題だ! モンスターHGがようやくリングに戻ってきたかと思えば、今度はチェーン攻撃でRGを絞首刑にし、反則負けとなった。試合後、モンスターHGは、「ホンモノのハードゲイ、これ」と言うと、隣にいたニセHGにあまりにも濃厚すぎるディープキス! 目を覆いたくなるようなリング上でのみだらな行為に、モンスターHGは場内を震撼させたのだった。

ボノくん、ハッスル軍のキャプテンに就任!

ハッスル2009年一発目の大会となった『ハッスル・ツアー2009〜1.29 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)のオープニングで、ハッスル軍キャプテン就任式が行なわれ、『ハッスル・マニア2008』(2008.12.30/有明コロシアム)でハッスル軍入りしたボノくんがキャプテンに就任した。新キャプテンとなったボノくんは、「僕には、ハッスルを再生させるための責任があります。全国のファンのみなさんに元気になってもらうために、2009年は、信念を持ってハッスルを CHANGEさせます!」と就任演説を行なうと、「YES WE HUSTLE! YES WE HUSTLE!」と観客に向かってアピール! これに、あわせてハッスル軍&観客も、ボノくんと一緒に「YES WE HUSTLE!」の大合唱を行ない、盛大な就任式となったのだった。

ボノちゃん、“ボノくん”に改名で心機一転を誓う!

1月20日、都内・ハッスル道場にて、ハッスル軍が決起会見を行ない、ハッスル軍のメンバーが2009年の抱負を語ると共に、新たにハッスル軍入りしたボノちゃんが、“ボノくん”に改名することが発表された。決起会見には、TAJIRI、天龍源一郎、越中詩郎、\(^o^)/チエ、KUSHIDAの現行メンバーに加え、2009年から正式にハッスル軍入りすることとなったKG、そして『ハッスル・マニア2008』(2008.12.30/有明コロシアム)でハッスル軍入りしたボノちゃんの計7名が出席。父であるグレート・ムタとの別れを乗り越え、2009年もさらなる成長&飛躍が期待されるボノちゃんは、「もう赤ちゃんじゃないんだから、“ボノちゃん”っていうのはやめて! 今年から名前が変わることになりました!!」と、ハッスル軍入りを契機に改名することをアピール! 続けて、ボノちゃんは「2009年は、ボノちゃん改め“ボノくん”で、よろしくお願いします!」と、今後は“ボノくん”として心機一転、活躍していくことを誓ったのだった。