「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

10・27『ハッスルMAN'Sワールド #2』
坂田ハッスル亘、若鷹ジェット信介の試合後コメント

2010年10月28日

10・27『ハッスルMAN'Sワールド #2』(後楽園ホール)で激闘を演じた坂田ハッスル亘、若鷹ジェット信介の試合終了後のコメントをお届け!


──メインの試合についてお願いします。
坂田 客観的にどうのはわからないけど、前回同様というか同様じゃいけないんだけど、ジェットの気持ちは見えたし、何度も言っているけど、レスラーとして当たり前の気持ち、やるべきことだったりね。試合後にああいうことが起きたら、いままでのジェットだったら蚊帳の外だったけど、自分の前に立ったのも見えたし、逞しくなってるのも見えましたね。
ジェット 坂田さん、そんなにのんびりしてていいんですか? あんな輩に何がわかる!
(ここで柴田正人が登場)
柴田 坂田さん、ボクも今日は佐藤に負けましたけど、ボクも闘いますよ。ボクの気持ちはそれです。
坂田 そうか? 何でもやるんだな?
柴田 何でもやってやりますよ!
坂田 受け入れるんだな? わかった。
ジェット こういうことじゃないですか? あんな輩だって、闘いを求めてきたんですよ。柴田だって、俺たちの気持ちをわかって来てくれたんですよ。一回で終わらせましょう!
(ジェットと柴田は握手をして退場)
坂田 次から次へと嬉しいけど、年寄り扱いだよな(笑)。まだバリバリやるつもりだけどね。金村は試合するところがないの? あれ、もう一人は木村だろう? もちろん、ジェットの言うとおりで、立ちはだかるならぶっ潰してやる。“輩”だよな。プライベートからリング上まで、あれでプロレス道と言えるのか? なんか言ってたぞ、木村が。「どっちがやりたいんだ?」って。わけわからん。こっちのセリフだ。ひとつ言えるのは、俺たちは世界最弱、世界最小の団体だ。でも、徹底的にやってやるよ。その代わり、付いてこれるのかって!

関連大会:ハッスルMAN'Sワールド#2