「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

山口&坂田のトップ2が不在の緊急事態!
ジェットは『ハッスルマンズワールド#5』を強行!!

2011年3月26日

3月26日(土)、都内・九段下にある靖国神社で開かれたZERO1の会見に出席した若鷹ジェット信介が、会見後に単独で『ハッスルマンズワールド#5』の記者会見を強行。4月2日(土)に都内・新木場1stRINGでの大会決行を宣言し、日本全国にいるプロレスラーたちに参戦を呼びかけた。


悲壮な覚悟だった。4・2『ハッスルマンズワールド#5』新木場大会は3・6ZERO1両国大会からチケットが先行発売され、一般発売も3月7日から行われていた。しかし、ハッスル制作委員会からは大会開催に関するニュースはナシのつぶて。大会開催が刻一刻と近づいても、何の進展もないままだった。

そして、この日、遂にジェットがその真相を明かした。「非常に困難な状況が降りかかっていまして、簡単に言いますと、『ハッスルマンズワールド』にはボクと@UEXILEしか残っていません」と衝撃発言を放ったジェット。「とにかくトップ2の二人が不在。実際にイベントをやる意味があるのか、あるいはやれないところまできていました」と、大会まであと1週間という状況の中、山口日昇代表とエースの坂田亘が不在だという衝撃的事実を明かしたのだ。

「詳しい事情は追って話しますが……」と口を濁したジェットだが、山口代表は関係者には有名な失踪癖がある。今回もどうやら連絡が取れる状況ではないということだ。そして、もっと気になるのが旧ハッスル崩壊後もハッスル復活を掲げて活動してきた坂田の現状についても、「いつか戻ってきてくれると思います。必ずハッスルにプラスになる何かをもって帰ってくるでしょう」と話すにとどまった。

しかし、こんな状況にも関わらず、ジェットの心は折れていない。「ボクらはどんな困難があっても諦めません。改めて大会を決行します!」と非常事態の中、大会決行を宣言したのだった。

大会まで1週間という中、「発表できることは何もない」というジェット。会見途中、ジェットは3・27ZERO1靖国大会でタッグを組む紫雷イオを捕まえ、「スケジュール空いている?」といきなり交渉を始めるなど、本当に大会が開催できるのかは綱渡り的な状況だ。

だが、ハッスル再興を掲げてから常に協力体制にあったZERO1が今回もバックアップを約束。通りかかった崔領二からは、「昔、ハッスルに関わった人間として景気づけの蹴りを!」と強烈なエールを送られた。また、ZERO1時代の1年先輩である佐藤耕平も来場を約束。着々と集まるレスラー仲間の応援がジェットの気力を奮い立たせる。

さらにジェットは、「“ハッスル”の冠のもとで日本を元気にしたいというプロレスラーがいるなら、名乗りを挙げてください!」と日本全国のレスラーに参戦を呼びかけた。それもこれも、東北地方太平洋沖地震によりダメージを負った日本に元気を送るのはハッスルの役目と考えているからこそ。「ハッスルは沈みません!」。この言葉を胸に刻み、ジェットは4月2日、新木場のリングに立つ!

なお、『ハッスルマンズワールド#5』への参戦を希望するレスラーは下記へ連絡とのことだ。

株式会社ファーストオンステージ
03-5777-5361

チケット情報はこちら