「FlashPlayer」が必要です。ご覧になれない方は、こちらからダウンロードしてからJavaScriptがご利用できる環境でご覧ください。

ハッスル通信

10・27『ハッスルMAN'Sワールド #2』全対戦カード決定!
坂田がジェットとの再戦に向け、改めて思いを語る!!

2010年10月21日

10月21日(木)、都内・ZERO1道場にて記者会見が行われ、10・27『ハッスルMAN'Sワールド #2』後楽園ホール大会の全対戦カード、11・2『ジェッツ2』新木場1stリング大会の参戦予定選手が発表された。

再生する


会見では、まずは11・2『ジェッツ2』新木場1stリング大会の総合プロデューサー(自称)を務める@UEXILEが、EXILEの『Lovers Again』を唄いながら登場! 前回の会見で、「プロレス業界のクズを集めて、わたくし、@UEXILEがクズの事業仕分けを行い、使えるクズ、どうしようもない本物のクズ、そいつらを判別していこうかなと思ってるッス!」と“プロレス事業仕分け”断行を予告していた@UEXILEだが、今回はクズそのものについてさらに厳しく言及。「プロレスというのは、厳しい環境で育った選ばれし者だけが上がれる神聖な舞台だったはず!」と話を切り出した@UEXILEは、「しかし、今の時代はどうですか? 厳しい練習を嫌う、プロレスごっこが上手くできる、何もできないくせに無駄にキャリアだけは重ねてる、チケットの手売りができる、そんなことでプロレスラーを語るんじゃねえと、俺は言いたいわけですよ! それから、クズの流れで言うと、“学生プロレスあがり”なんていうのは、その最たるものですよ。そいつらが業界をダメにしているわけで、そういう奴らを俺は認めてねえッス!」とバッサリだ。

というわけで、@UEXILEの手によって“プロレス事業仕分け”されるクズたち、すなわち11・2『ジェッツ2』新木場1stリング大会の参戦予定選手がこの日は発表され、“クズ卒業生代表”若鷹ジェット信介をはじめ、“クズ其の壱”ばってん多摩川、“クズ其の弐”ウルトラマンロビン、“クズ総大将”佐野直らが参戦予定。さらに、クズではない“ちゃんとできるプロレスラー”として佐藤悠己、ニセHG、“できる風にもてはやされている学生プロレスあがり”としてKAIENTAI-DOJOの旭志織も参戦する方向で考えていることを@UEXILEは明かした。そして、自身の参戦に関して@UEXILEは、「やんなくてもいいかなと思ってるんッスけど、アーティストとして大会に華を添えるッス。当日は俺のライブに期待してほしいッスね」と、あくまでもアーティストとしての出演にとどめる予定だ。

完全にプロデューサー気取りで有頂天の@UEXILEは、さらに“クズ中のクズ”黒の中村カントクに対して「出て来いやー!」と呼び寄せようとしたもの、中村カントクは不在であることが判明。ここで会見場に坂田“ハッスル”亘が現れると、@UEXILEに向かって「クズはお前だ! ど素人が!!」とバッサリ。そして、話題はいよいよ開催が迫った10・27『ハッスルMAN'Sワールド #2』後楽園ホール大会へと移り、さっそく坂田から全対戦カードが発表された。


▼10・27『ハッスルMAN'Sワールド #2』(後楽園ホール)全対戦カード
[第1試合]
柴田正人(STYLE-E)
vs
佐藤悠己(フリー)

[第2試合]
阿蘇山(九州プロレス)&白波佑助(九州プロレス)
vs
ニセHG&斎藤謙(ZERO1)

[第3試合]
@UEXILE
vs
世界の強豪シリーズその3

[セミファイナル]
大谷晋二郎(ZERO1)&越中詩郎(フリー)
vs
アフロマン&スキンヘッドマン

[メインイベント]
坂田“ハッスル”亘
vs
若鷹ジェット信介



第1試合の柴田vs佐藤は7・10『ジェッツ1』西調布大会の再戦となる。前回の対戦では、体格に勝る巨漢の柴田が、奮闘する小兵の佐藤をはねのけて勝利。佐藤にとってはリベンジを果たしたいところだ。この試合に関して坂田は、「二人はいつも粋のいい試合をしてくれていて、個人的には大好きな選手。いいものを見せてくれた選手には、次なる展開も用意させてあげたい」とコメント。はたして、次なるステップアップを掴み取るのはどっちだ!?

第2試合に出場する阿蘇山&白波の九州プロレス勢は、前回9・10『ハッスルMAN'Sワールド #1』新宿FACE大会に続いての参戦となる。前回の試合では、試合終盤に白波が負傷し、不本意な形で敗れてしまっただけに、この試合にかける意気込みは充分と言えよう。この試合に関して、坂田は「(阿蘇山&白波は)オリジナルのカラーがあっていい選手だなと。特に阿蘇山に関しては、身体も大きいし、そこそこキャリアはあるんだけど、僕にとっては新鮮だったので協力してもらいたいと思っていた。白波選手本人にとっても悔いが残っているでしょうし、いいパフォーマンスを見せて前回残った悔いを晴らして欲しい」とコメント。巻き返しを図る九州プロレスコンビに対し、迎え撃つのはニセHGとZERO1の斎藤というスタイルが正反対の異色コンビ。互いの意地がふたたびぶつかり合う!

第3試合では早くも第3弾となった@UEXILEvs世界の強豪シリーズが行われることに。これまでバンビキラー、ジョー・メガロドンと一流外国人選手を相手にボロボロになりながらも、命だけは助かっている@UEXILEだが、今回もとんでもない相手が待ち構えているのはほぼ確定。この試合に関して、坂田は「クズと言われたら、僕の中では真っ先にあいつ(@UEXILE)が浮かぶわけで(笑)。まあ、これには中村カントクが絡んでくると思うので、そこはお任せします」とコメント。はたして、@UEXILEは今度も無事でいられるのか!?

また、セミファイナルではすっかりお馴染みとなった大谷&越中の“熱血&熱ケツコンビ”が登場! 迎え撃つのは、アフロマン&スキンヘッドマンというふざけた名前の選手だが、この二人に関する情報は現時点で一切不明とのこと。これ関して、坂田は「おそらく中村カントクの派遣選手だと思います」と予想。相手がどうであろうと、勢いで勝る大谷&越中にはまったく問題は無さそうだが、はたして……!?

そして、メインイベントは、前回の会見で電撃決定となった坂田vsジェットの再戦に決定! ジェットとの再戦を決めた理由について記者から質問を受けた坂田は、「今まであいつに感じられなかった選手として、表現者としての欲が、あいつには出てきたのかなと。僕的にはいい意味で捉えていて、現時点では僕も敵を作らなければいけないわけで、それが身内だろうが外敵だろうが。もちろん、大物にこしたことはないんですけど、今はそういうところにこだわっている時間の余裕も無いので。僕にとっても試練だし、そういう欲が出てきた彼にとっても試練だと思うし、期待している部分はあるけど、実際に目の前に立ったときには前回のようにはいかねえぞ、っていう感じですかね」とコメント。また、ジェットが坂田戦に向け、坂田の盟友である田村潔司のもとに出稽古に行っていることに関しては、「いいんじゃないですか。選手としての危機感だったり、責任感だったり、今まで経験していないスキルを取り入れるということは、やる気になってる証拠じゃないですか。だけど、1ヵ月くらい田村さんに教えを請うたからといって、当たり前のように何かが変わるわけではないと思うんだけど」とまったく意に介さず。さらに、坂田は「どうせだったら、セコンドに田村さんを連れて来るくらいのね。それぐらいやってくれよと」とニヤリだ。

最後に、「あいつの言いたいことはわかるんだけど、それ以上に俺にはプレッシャーもかかってるし、日々克服しようと思っているし。兄弟げんかみたいなもので、そういうことをわからせるということは時間がかかるよ。ただ、今回は試合という形で対戦するので、骨身に染みるようなね。教えてやりますよ」と、ジェット戦への意気込みを語った坂田。それぞれの思いが交錯する中で迎えるリターンマッチで、はたして、リング上ではどんなドラマが生まれるのか!?

関連大会:ハッスルMAN'Sワールド#1
関連ニュース:「“強くなりたい!”という気持ちがさらに芽生えました」 坂田へのリベンジを誓ったジェットが田村潔司の ・・・
関連ニュース:「もう一回だけ、チャンスをください!」 ジェットが土下座! 10・27後楽園大会で坂田と再戦決定!!
関連ニュース:10・11『炎武連夢ナイト』坂田のパートナーが決定! “赤パン先輩”に相談し、STYLE-Eの柴田正人を大抜擢!!
関連ニュース:「パートナーは赤パン先輩にでも相談してみるよ」 坂田、大谷の10・11『炎武連夢ナイト』参戦オファーを受 ・・・
関連ニュース:「もう一度坂田“ハッスル”亘と闘いたい!」 ジェット、坂田に10・27後楽園大会での再戦を要求!
チケット情報はこちら